アンガーマネジメント

野球場で警備員に連れ出されながら、自分の子供をぶん回すというイカれた動画を見る。 このレベルだとアンガーマネジメントとかの次元じゃなく、児童虐待の証拠映像なので即刻司法が介入してくれることを望むばかり。 手を出すのはどんな理由でもほぼアウト…

電車とホームレス

電車に乗るとホームレスらしき人が席に座っていた。 はっきり言って臭いがキツかったけど、僕はそういうとき車両を移ったりしないようにしている。 それは露骨にそういうことをするのは失礼だと考えているから、ではなくこの車両空いてるやんけと乗ってきて…

大人と子供

しばしば遠足らしき子供の集団にぶつかることがある。 それを見るたびに基本的に列は崩さないものの、子供同士喋りながら歩いているのでテンションぶち上がり途端にウロチョロしかねない子供たちを目を光らせながら引き連れる引率の先生たちは大変だなあと心…

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドマスターモード

続編が発表されたのもあって久しぶりにゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをマスターモードでやり直したけど、二周目とか関係なく面白かった。 最初はステルスゲームのように逃げ回り、敵が自然に回復する仕様も厳しいものがあったけど、強い武器を手に入れ始…

ロッキー・ホラー・ショー

久しぶりにロッキー・ホラー・ショーを見た。 大人になってから初めて見たけどやっぱりサイコー。 高校生の時に見た自分を褒めたい。けど同級生に薦めていた自分を止めたい。見てくれないし見てもボロクソに言われるぞ。映画じゃなくてお前が。 どういう映画…

祖父

数年ぶりに90近い祖父と話した。 高齢者と話すのは苦ではないので、一時間くらい喋り続ける。質問に答える、答えて広げる、質問をする、答えを広げる。そんな一時間。 苦ではないどころか、少し楽しい。 無責任に聞くし話す、しかしそこまでに約90年の歴史が…

マリオカートツアー

マリオカートツアーのβテストをしてるので感想書きたいけどどうなんだろう。 ゲーム画面のアップロードは明確に禁止されてるのでする気はないけど、感想禁止はそういう返答が来たと個人で書かれているだけで公式で明記されてるのは見つからない。 実際のとこ…

ポケモンGO

ポケモンGOをやる人ならみんな知ってる、やらない人は誰も知らないのが一斉にスマホをいじっている謎の集団の正体はレイドバトルということだろう。 そして同じく、ポケモンGOをやってる人がレイドバトルの時みんな気づいていることが平均年齢の高さだ。 場…

今こそピカチュウげんきでちゅうを

昨日特に言及しなかったけど、名探偵ピカチュウのピカチュウがあまりにも可愛すぎてボディブローのように効いてきている。 元々ピカチュウはそこまで好きでもないのに(ポリゴンに罪を被せたことを忘れてはならない)、名探偵ピカチュウのピカチュウは可愛さ…

名探偵ピカチュウ(ネタバレあり)

名探偵ピカチュウを見た。 実写でポケモンが当たり前にいる世界を見れたので、星5つ。 ストーリー自体はあるけど、まあストーリー重視ではないという印象。 ただ主人公の父親にはハッとさせられた。 よく考えたらそりゃあそうなんだけど、主人公と母親の写真…

レイジングループ

レイジングループの資料集をポイント還元セールの時に購入し、再プレイ。 いい感じに内容を忘れかけていたのに、資料集のおかげで思い出して再プレイという何がしたいんだお前は案件。 そこで暴露モードですよ。 ※暴露モード…クリア後にアンロックされる、登…

終電

ある日の夜、仕事に疲れ終電に揺られながら録音していた深夜ラジオを聞いていると、隣に座ったおじさんが何かを話しかけて来た。 「〜〜〜」 音漏れか? カナル式で音漏れし辛いはずだと思うけど。 深夜ラジオを聞いていることがバレるのも少し恥ずかしいの…

中学生日記

思春期というものは実に不安定で、それは傍から見て満ち足りてるかどうかは一切関係のないものなのだろう。 頭が良くて中学生の癖に彼女がいた藤田くんも、ちょっとしたことですぐ怒る、いわゆるキレる若者だった。 悪い奴じゃないので、絶対に人に手を出す…

小さな女の子

駅に向かって横を駆け抜けるスーツ姿の男性。 僕の前に歩いていた小さな女の子とお母さん。 少女は母親に聞く。 「どうしてかけっこじゃないのに走ってるの?」 お母さんは 「どうしてだろうね」 としか答えない。 そうか、子供にとって人が走るときはかけっ…

黒柴

近所に黒柴がいる。 あまり見かけないので室内飼いだとは思うけれど、時々外に繋がれている。 とても可愛い、よって撫でる。 おとなしい黒柴なので、じっと黙って撫でられてくれる。 けど特に尻尾も振ることはなく。 嫌なのかな? 嫌がる素振りはないので嫌…

遅刻する人

きっとGWを経て5月病に襲われている新入社員が日本中に溢れていることだろう。 しかしながら5月病の前段階、すなわち4月の時点でコケまくっている人も少なからずいるはずだ。 そしてその陰にはその新人に悩まされている諸先輩方がそれ以上にいるのは間違いな…

EVE rebirth terror

EVE rebirth terror終了。 このシリーズ、95年にEVE burst errorを元としていくつもの続編があるものの権利の問題から原作者である剣乃ゆきひろ氏が関わっていない上に、氏は既に他界されている。 作者を変えて作られた続編も、魅力的なキャラクターや設定を…

余物語

物語シリーズ余物語を読了。 西尾維新にとってふとしたアイディアは全て物語シリーズで消化できるのではというくらいどんなエピソードも出来るようになってきたこのシリーズ。 少女不十分の話が実話だと思うほどは若くないつもりだけど、児童虐待が西尾維新…

Chaos;Child -Children’s Revive- 

スピンオフやアフターストーリーで本編に匹敵することはない。そんなふうに考えていた時期が俺にもありました。 そんなわけでカオスチャイルドの後日談を描いた今作、「Chaos;Child -Children’s Revive-」読了。 そもそもカオスチャイルドという作品は本編の…

劇場版シティーハンター(ネタバレ)

劇場版シティーハンター。 感想をネタバレ無しで書くのは不可能なので、未視聴でシティーハンター好きな方は読まないほうが良いです。というかそういう人は素直に劇場版を見に行ったら良いです。損はしない。 ちなみにシティーハンターはネタバレを読んだと…

THE NEXT GENERATION パトレイバー

今更ながらTHE NEXT GENERATION パトレイバーをhuluで視聴。 非が多めの賛否両論という印象のこのシリーズ、パトレイバーに何を求めるかによって賛否に分かれるのは致し方ないか。 個人的には想像していたよりもずっとパトレイバーであり、押井守らしさを期…

ドラマ「この世界の片隅に」

原作を忠実に、そして完璧に映画化した「この世界の片隅に」のドラマ版を初めて見た。 基本的には原作が最高で、それを忠実に再現した映画版があるのだから見なくて良いやと思っていたけど、たまたまやっていたので視聴。 役者さんも雰囲気も想像していたよ…

MOTHER3

誰がなんと言おうとMOTHER3が好きだ。 「ゲームってこんな感じでも良いんだ!」と、ほんの少し世界の多様性を幼心に知ったのがMOTHER2。 PSか64のどっちを買ってもらうかも、MOTHER3が発売されるのだから64一択。(あとでPSも買ってもらったけど) そして、…

昔話

わたモテを読んでふと昔を思い出す。 自分の高校時代は帰宅部の冴えない高校生であり、「絶望の世界」を読み他の学生とは違うんだぜ…と悦に浸りつつその実ただのアニメ好きな底辺クソ高校生だったので、当然スクールカーストの最下層だった。確かに他の学生…

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い 喪139

加藤さん回があると決まってから期待が高まると同時に、最後に持って来たことで期待に比例する不安。 まだ内面の描写不足ながらも明らかな人気キャラクターだからこそ、単体で加藤さんをちゃんと描くのか、別のキャラクターも出してきて加藤さん回を濁したり…

魔女と百騎兵Revival

魔女と百騎兵Revival、11章トゥルーエンドまでクリア。 このゲームを始めた時にまず引っかかったのが、伏せ字の表現だった。汚い言葉は伏せ字になり自主規制の音が入る。 これの何が嫌だって、表現の逃げだからだ。想像に委ねると言えば聞こえは良いけど、そ…

魔女と百騎兵Revival

魔女と百騎兵Revivalをプレイ中。 日本一ソフトは対象年齢中高生向きというイメージが根拠もなくあったので目に止まっていなかったけど、評判が妙に良いことと割引中だったのでダウンロード購入。 他のよくわからないけど評判が妙に良いゲームは、レイジング…

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い 喪138

先週のゆりちゃん回でハードルが上がり、今週のネモ回どうなるんだろうと少し心配していたけど杞憂も杞憂、谷川ニコ先生はいつも予想を裏切り期待は裏切らないでいてくれる。 最初の待ち合わせはナイトメアクリスマスを彷彿とさせる構図だったけど、当時クラ…

The Sexy Brutale

The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル)トロコン。 ソニーのサマーセールを見ていたら、セクシーと言う響きにいやらしいものを感じて目についた。なんとなく雰囲気が良さそうで評判も良かったからプレイ。いやらしさはまるでないやんけ! そんな出会いだ…

悲終伝

6年に渡る長期シリーズも悲終伝で完了。 読んでるだけでも西尾維新の筆が乗りすぎてどこまでも曲がりくねって紆余曲折しているのがわかるシリーズ。 思い返すと地球との戦争成分は長々続いた中で微々たるものだった。ほとんどは空々くんを中心とした成長変化…