読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「この世界の片隅に」その後

この世界の片隅に」を見ていろいろな感想を読み、聞き、少しでも広めるためにいろいろな人に勧めた。

けど、どうにも映画の魅力を伝えることが出来ない。というよりも、伝えることで何かが失われる気がしてならなかった。その気持ちを一番代弁してくれたのがこちらの感想。

 

http://blog.goope.jp/?eid=477

 

豚のおじさんが一番自分の感想に近いのも複雑なところではあるが、感覚としてはまさしくこれが一番近い。

なんにせよ、そこまでわかっていても人に勧めたく映画ではあるし、少しでも魅力を損なわないよう重々気を付けながら明日からも勧めていく。

何故この映画を人に勧めたくなるか。良い映画は広めたいという気持ちも勿論あるけれど、この映画が好きな人とはきっと何かを分かり合えるという期待もあるのかもしれない。昭和20年の広島という題材であっても映画館にこの映画を見に行き、見て良かったと言える人とは無条件で仲良くなれる気がするからだ。