読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由度

ファイナルファンタジー15をやってて思うのは、自由度が高くてサブクエストが多い=良作ではないと言うこと。

無理やりクエストを増やしたせいで、国が滅びかけてるのに釣りやキャンプを満喫するアウトドアモンスターハンター王子爆誕中。

 

クエストやるのは楽しいけど、FFに求めているのはそこではない。寄り道要素が少しあれば十分で、サブクエストはあまりなくて良いでしょ。どう考えたってそれならストーリーの内容、密度を増やすべき。むしろサブクエスト多すぎるとストーリーを忘れてしまうし、本筋がおまけになってしまうので、絶対に良くない。FFにとって一番相性が良くないシステムだ。

 

サブクエストによる水増しをすることで、中古に流れないための対策という意味もあるのかもしれないけど、だとしたら現在の市場見ればとりあえず失敗してるよね。

あと、それによって未来への投資も失敗している。一本道で仮に短くても、魅力的なストーリー、内容であれば続編、スピンオフ、何を出したって欲しがる。それでFF7のリメイクが期待されているわけだし。

FF13はまだギリギリ何とか出来ていたのかも知れないけれど、今回は絶対出来てない。ゲームシステムの流用が限界ではないだろうか。FF15の評判見たらこのキャラクター達でスピンオフは荷が重そう。

 

ファイナルファンタジーの強みは歴史があること。そしてそれは良作を連発することで築き上げられて来た。そしてその良作となった理由は、間違いなく魅力的なキャラクターと引き込まれるストーリーて、広大なマップとかオープンワールドとかクエストとかではない。

 

まあ冷たいことを書くと、その魅力的なキャラクターと引き込まれるストーリーを単純に生み出せなくなってるだけなんだろうけど。

 

クエストもやってるうちに楽しいんだか作業何だかわからなくなってきた。

そもそも車で移動中、ローディング中古、リアルでスマホのゲームをやっているので何のためのゲームなんだろうこれ、と思う。