Pollyanna読んだよ

MOTHER公式トリビュートコミック「Pollyanna」購入。

MOTHER3の配分が少なかったのは寂しい。人気的にも仕方ないだろうけど、それ以上に3はゲーム中の描写・説明が多いからああいう形の漫画にし辛いのもあるのかな。1.2はプレイヤーによって思い出の形が様々なのに対し、3の形は差異が少ないから漫画にし辛いのかもしれない。

 

以下各漫画の一言感想文

敬称略、あとどのシリーズかを名前の後に表記します。

ア・メリカ2…表紙はオネットで自転車に跨りながら信号待ちをするネス。他の候補イラストも載ってたけどこれが一番良い気もするし他のどれを選んだってそう思った気もする。

今川伸浩1.2.3…MOTHER1.2.3キャラを1枚のドット絵で集約させた見開き絵。幸せしかない夢の世界。

松本大洋1…歌うサボテンの絵。アート。いい顔してるぜサボテン。と、ロイド。

浅野いにお2…スターマン息子も来てたからね。あったかもしれないね。翻訳すると同じセリフっぽい。

とよ田みのる1…ゲーム画面と絵を織り交ぜて描くのが合うこと合うこと。暖かみのある漫画を書く人なので一番合う。どのくらい?橋本真也と白はちまきくらい。

阿部共実2…一転して心がヒリヒリするような漫画を書く人。ページ数も16Pと多め。この人が書くならそりゃ主役は、ね。

ろびこ2…内容忘れ再プレイの思い出。ズバリ言って羨ましい。MOTHERの記憶だけ忘れ薬あれば10万払う。

大石浩二1.2.3…わかり味が深い。特にダスターの足は当時プレイした時もハッとした。足が少し不自由なのが大きな伏線とかじゃない、ただそこにあるものだったのが最高に良いのよ。

竹谷州士1.2.3…一枚絵のてんこもり感大好き。漫画部分はいわっち伝説の名言を絶対入れたかった感が伝わる。

石黒正数1…正直一番期待していた人なのに漫画じゃなくてイラストなのは悲しみ。短編書くのも上手な人じゃないですか!

福地翼2…YOU WIN!の秘密に迫る。この人にとってはいくら強くてもポーラは戦闘を怖がる子なんだね。その辺のイメージの違いは面白い。

吉田戦車2…カレーライスにしてた気がする。

みずしな孝之2…どせいさんといぬ。合う。どのくらい?アンドレとワンショルダーくらい。どせいさんの台詞が本物っぽくもありみずしな孝之っぽくもある。

須藤真澄2…そう、ポーラだけは来てくれる!だからポーラは好きさ!あとぬいぐるみあるあるすぎる。

羊の目2…共感しかない。MOTHER2のコピーは完璧すぎる。

山本さほ2…か わ い い

成田芋虫1…頭の中で自然とクイーンマリー城の曲が鳴り響く。あの美しくもあり悲しくもある曲に相応しい名作。マリアもMOTHERの主役の一人。

藤沢カミヤ1…共感しかない。MOTHERの思い出エッセイ漫画はどれも共感しかない。

ヨシオカサトシ2…フォーサイドの一枚絵でもありオールスターでもある。ぼく思い出だとそこまでフォーサイドって大都会なイメージでもないんだよなあ。

トビー・フォックス1.2.3…トビーの語るMOTHER。と犬。とUndertaleコラボ。ところで巻末の「どっかのしょーもないゲーム」って表現日本語訳合ってる?もうちょい柔らかいジョークで言ってる気がするんだが。

あらゐけいいち1…斜め移動は何故か少年心くすぐったよね。言語化出来ない感覚を見事に漫画化してるのが凄い。

ふるえるとり2…ママによるママ論。これは当然自分にはない感覚だったから新鮮で発見だったなあ!

青木俊直2…いくつになっても冒険の時は突然に。まだまだこれから。

松本ひで吉2…天才写真家の受難。天才写真家の案を出した人がいて通した人がいるからMOTHER2は伝説に残る名作になれたんだろうなきっと。

こがわみさき1.2.3…母がいて子がいて、それはまたどこかに受け継がれて行く。

ワキサガ3…ブタマスクの敵なのに敵じゃない感じを説明してくれて、今更ストンと腑に落ちた。あとクマトラめっちゃ好きなんすよ。

まえだくん1.2.3…ド直球4コマ漫画。昔はこういうゲーム4コマ漫画いっぱいあったよね!好きだったなあ。

久木ゆづる2…あったかもしれないポーキーとネスの前日譚。ネス△

坂野杏梨2…アメリカ行きたくなる。

水あさと2…トニーみたいな子が当たり前のようにいて、プレゼント箱を開けるのは当たり前じゃないのがMOTHER2の良い所。クッキー…。

田辺洋一郎1…僕らはMOTHERをやらなかった人生とは一味違うんですよ。

緒方雄一2…どせいさんって一種のサヴァン症候群的なものだと思ってる。

横山了一1…令和になってもおとなもこどももおねーさんもならとても嬉しい。

和田ラヂヲ1…これはMOTHERの漫画じゃなくて和田ラヂヲの漫画だ!

成家慎一郎2…ラストを締め括るに相応しいポーラの苦悩とネスの暖かさを描いた漫画。確かにポーラのPSIってそうだよね。

 

と、全部書いたものの漫画の感想と言うよりほとんどMOTHERについて感じたことを書いてしまった気がする。まいっか。

こうして見るとやはり2が多く3が圧倒的に少ないな…。3が少ないのは最初に書いた理由と、思い出を書くならネタバレを避けられないというのもあるのかもしれないですね。ただクマトラやダスターが楽しそうにしてる所は見たかったかな。

何はともあれ令和の時代にMOTHERだけで本を出す、それにこれだけの人が集まり、MOTHERをプレイした時のワクワクを思い出せたのは本当に良かったです。

第二弾やるなら書きたい、むしろ何故書かせてくれなかった!?って人もきっと沢山いると思うので、たくさん売れますように…。

 

Pollyanna

Pollyanna

  • 発売日: 2020/06/25
  • メディア: コミック
 

 

 

 

ファイナルファンタジーⅦ リメイク

ファイナルファンタジー7リメイククリア。

今のスクエニにどれだけ期待ができるのか、分作もどうせ金稼ぎのためじゃないか、そんな懸念や疑念を持ち本作を迎えてしまったことを謝りたいと思うほどの完成度だった。

 

まずグラフィックは文句なし。

FF7の登場人物にミッドガルはこう見えていたのかということがよくわかって感動しました。

細かい部分にアラがあるという声もあったけど、細かくない部分が完璧だから良いでしょう。神羅ミュージアムの映像は「そこ作り込むの!?」と驚愕。原作でも神羅ビルに謎映像あったので、ある意味一番リメイクしたところかもしれない。あの謎映像なくて少しガッカリした後だったので、そこに力入れたのは個人的に嬉しかったです。

 

キャラクターはみんな魅力的で、エアリスは原作原理主義者達でも生存ルート入れてくれても良いよね…?と宗旨変えしてしまうくらいの出来。いやホントFF7ユフィ一択だったのにエアリスにガチ恋不可避。谷間。ハシゴ。

クラウドはかっこいいのは当然として、魅力は可愛げがある所だと思うんだけどそこ理解して作られていた。手揉み屋は一番高いコースを選ぶべし。放心状態のクラウドは必見。

バレットは雰囲気変わったようで、案外イメージは変わらなかったかな。ただグラフィックが綺麗になったことで星のためという大義名分があってもテロ行為の罪は原作以上に重く感じる割に、イメージが変わらないなら良く出来ている証拠ではないでしょうか。

ティファはおっぱい。一番原作通りかも。

ナナキは登場時間が少ないもののスイッチをヨタヨタ切り替える姿に存在感。やはりこのスタッフ、わかっている。

ビックスウェッジジェシーは凄かった。名前のあるモブという印象だったのにここまで登場人物として成立させるなんて。

スラムの面々含めてみんなそこに生きていることを実感させてくれたのは、分作の意味を痛感。金稼ぎのためなんて疑ってゴメンネ…。

 

ストーリーはリメイクと言うよりリブートの方が近いかも。一からFF7のシナリオを沿っているわけではなく、明確に原作有りきの改変はあります。リブートよりもむしろリテイクかな?ここは賛否両論になっても仕方なし。

 

ちなみにスタッフのわかってる感を一番感じたのはクリアするとHARDモード追加等と同時にバイクゲームのスキップを出来るようになったこと。確かにあれはわざわざやり直したいとは思わなかったので良かった。楽しくやりこみをさせてくれるゲームは良いゲーム!

 

総括すると、当時FF7に感動しFF15でガッカリしたタイプの人間が神ゲーと感じたのでそういう人ほど満足出来ると思うのでオススメですよ。

ちなみにこの感想はamazonの低評価レビューに納得行かなかったので書き上げました。

ではこれから、HARDモードで二周目入りまーす。

 

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Video Game
 

 

アンガーマネジメント

野球場で警備員に連れ出されながら、自分の子供をぶん回すというイカれた動画を見る。

このレベルだとアンガーマネジメントとかの次元じゃなく、児童虐待の証拠映像なので即刻司法が介入してくれることを望むばかり。

 

手を出すのはどんな理由でもほぼアウトだと思うけれど、一方で叱責の強さは家庭の事情、教育方針によって違うだろうし、それこそアンガーマネジメントで抑えられないこともあるだろう。

親だって人間だから一概に責められるべき、とは思わない。

石をぶつけても良いのは、一度も機嫌が悪くなったことがない人だけだ。

 

以前道を歩いていたら、母親が子供を酷く叱責しているのを見たことがある。

どうにも気になって聞いていると、母親はどうも女手一つで育てているらしく、その苦労をあまりわかっていない子供にぶつけていて、子供にあげているお菓子もどうやら夜の仕事をしていて客から貰ったもの…

 

とここまで書いてみて、どうにも記憶が不鮮明だな、このまま不自然な所改変しながらモリモリに盛ろうかしら?それとも書くのやめとこうかしら?

と迷っているところで、そこに生まれた一つの疑問。

 

そもそもこんなこと、あった?

 

何だかこの光景、飲食店で見た気もするし、でも歩いてる時に見た気もするし。

 

うーんうーんと頭を捻り、何とか思い出す。

これ歩きながら聞いていたラジオで、神田松之丞が喋っていたエピソードだ。

 

人が喋ったことを自分のエピソードと思い始めたらおしまいだと思う反面、おそらく今回たまたま気付けただけで、長い人生の中自分のエピソードとして記憶がすげ替えられてしまった物も既にあるのだろう。

(ちなみにこのエピソード言ってたのたぶん割と最近)

 

それくらい人の記憶と言うものはあっさりと書き換えられてしまうものだし、そんな記憶が積み重なって感情は揺れ動いているのだからかくもあやふやで仕方がない。

 

まあ人間なんてそんなもんだから、過去の記憶と照らし合わせて無闇にイライラしたり怒ったりするのやめましょうや。損するだけですし、という自分なりのアンガーマネジメント。

 

どっとはらい

 

電車とホームレス

電車に乗るとホームレスらしき人が席に座っていた。

はっきり言って臭いがキツかったけど、僕はそういうとき車両を移ったりしないようにしている。

それは露骨にそういうことをするのは失礼だと考えているから、ではなくこの車両空いてるやんけと乗ってきて、あっ…となる人を見るのが三度の飯より好きだから。僕、変態なんすよ。

 

その日も不快感を隠さず隣の車両に移る人、顔をしかめながらその車両に留まる人、そんな光景を幸せそうに眺める変態。色々な人間模様が垣間見えたけど、駅に到着した時駅員さんが登場。クレームがあったらしい。

切符を見せてもらおうとしても荷物の奥だから出せない。でもここは降りる場所じゃないから出さないと揉めている。なるほど、キセルの疑いもあるのか。

「臭いの件でクレームがあり、周りに迷惑をかけている」と駅員さんによる最もだけれど少し攻撃的な指摘。それに対して、「お前のほうが臭えよ」という正面突破の攻撃的な反論を返していた。

駅員さんも大変ですね。ホントにお疲れ様です。

 

余談。

結局その場で下ろすことは出来ず、次の駅が降りる予定の駅だからそこで切符を出すというやりとりをして、ホームレスは宣言通り次の駅で降りていった。

鼻につく臭いだけ残した車両にそんなことを露知らず乗ってきてその席に座る乗客。

あっ、とは思ったけど、そこ座らない方が良いですよと駅に止まる度言う係になるのも嫌だし、そもそも前や隣にいたわけでもない。

そんなわけで、電車に乗って何か危機センサーが反応した時は座らないか他の車両に移ったほうが良いと思いました。

どっとはらい

 

 

大人と子供

しばしば遠足らしき子供の集団にぶつかることがある。

それを見るたびに基本的に列は崩さないものの、子供同士喋りながら歩いているのでテンションぶち上がり途端にウロチョロしかねない子供たちを目を光らせながら引き連れる引率の先生たちは大変だなあと心底思う。

 

大変ですね、そう思いながら暖かい目で見ていると警戒心MAXの目で見られる。

今のご時世仕方あるまい。

そのあたりは気が使える大人なので、進行方向が同じでも道の反対側に行くようにしている。

そんな一通の道を前から車が来ると、これもまた今のご時世からか子供からかなり離れるように走ってくる。

大変ですね、そう思いながら暖かい目で見ていると鼻先をかすめる勢いで目の前を通り過ぎる車。死ぬぞ俺。

あっちを立てればこっちは立たず。かくもこの世は生き辛い。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドマスターモード

続編が発表されたのもあって久しぶりにゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをマスターモードでやり直したけど、二周目とか関係なく面白かった。

最初はステルスゲームのように逃げ回り、敵が自然に回復する仕様も厳しいものがあったけど、強い武器を手に入れ始め攻撃力の上がる装備もDLCであったため思ってたより早い段階でゴリ押し可能ゲーに。

 

しかし改めてどこにでも行ける探索が楽しいのに、そこら中に祠やコログの実があり、どこへ行ったか足跡でわかる仕様も実装されて熱中度が凄まじい。

 

移動も馬、グライダー、縦サーフィン、DLCコンテンツでバイクに乗れるなどストレスフリーで痒いところに手が届く仕様。

あと服を着替える時着替えムービーとか入らず瞬時に変わるのも全く筋は通らないし、下手したら手抜きと思われかねないけどこれも大事だったことに気がつく。

ダンジョンの中では壁に登れない、寒いところや熱いところに行くと着替えなければダメージを食らうなど一見ストレスを感じるような縛りがある分、意図的に縛る所以外はとにかくストレスフリーになるよう計算して作られていたんだなあ。

こだわるところはこだわる、こだわる必要がない部分は割り切るのがさすがゲーム作りの第一人者か。

 

そしてゼルダが可愛くないと発売前はPVで話題になっていたけど、記憶を辿るに連れどんどん好きになっていけるし、パーヤやプルアやミファーのようにあざとかわいいキャラクターがいることでそれすらも意図的だったのかもしれない。

リト族やゾーラ族の子供たちも可愛すぎるでしょ。特にリト族の五つ子とショタシド王子は天使かなあ!?

 

ゲームが好きな人は勿論そうじゃない人も昔好きだったけど最近していない人も、全員やればいいです。

神ゲー

 

でもDLCコンテンツマスターソードの試練はちょっと無理っす。

 

 

ロッキー・ホラー・ショー

久しぶりにロッキー・ホラー・ショーを見た。

大人になってから初めて見たけどやっぱりサイコー。

高校生の時に見た自分を褒めたい。けど同級生に薦めていた自分を止めたい。見てくれないし見てもボロクソに言われるぞ。映画じゃなくてお前が。

 

どういう映画と説明して布教しようにも説明し辛い。

ミュージカルとは言えるけど、どう考えてもまともな映画じゃないし、まともな映画じゃないと説明して見たくなる人はいない。それは布教ではなく悪口だ。

今ならワンピースのイワンコフのモデルになった人が出てると説明するとちょっと食いつくかもしれない。

イワンコフみたいなトランスセクシャル星人の博士が出てるミュージカル映画、という説明だけして興味あれば勝手に調べてくださいの精神。

そこで興味湧く人がハマる映画だろうし。

ただどうかしてる映画だけど、

 

「夢を見てちゃダメ、夢になりなさい」

 

のフレーズが今も昔も、胸に突き刺さる。

そのフレーズが突き刺さったせいでいろいろと失敗してきたけど、悪くはなかったな。

そんな素敵映画。お薦め。