THE NEXT GENERATION パトレイバー

今更ながらTHE NEXT GENERATION パトレイバーをhuluで視聴。

非が多めの賛否両論という印象のこのシリーズ、パトレイバーに何を求めるかによって賛否に分かれるのは致し方ないか。

個人的には想像していたよりもずっとパトレイバーであり、押井守らしさを期待していたので十分満足の出来。

原作のキャラクターが不幸になっている説明があったのは納得できないのはあるけれど、アニメ漫画からこれだけ時が経っても実写化にこぎつけたのだから自由にやっても仕方のない部分はある。金を集められるやつが偉いのだ。

筧利夫後藤隊長ポジなのも発表当時はNOだったし、だからこそ今まで見ていなかったが、いざ見てみると悪くない。あくまで別人だし。何より遊馬口調が上手く再現できているし、真野恵里菜が可愛くて仕方ないから良しとする。

 

とりあえずこれから劇場版を元にした最終作。楽しみしかない。

 

ただ何を一番見たいかというと、正当な続編のアニメをやっぱり見たいなあと思わずにいられなかったのもまた事実。幽遊白書リメイク、わたモテ2期、ゆうきまさみ伊藤和典の関わるパトレイバー続編はいつまでも期待してしまうなあ。

 

【追記】

改めて劇場版の首都決戦まで見たので感想追記。

パトレイバーシリーズ、並びに傑作であるパトレイバー2に対して、蛇足でしかなかった。

 

北海道地震

幕末志士が好きだ。

水曜どうでしょうが好きだ。

ゴールデンカムイが好きだ。

 

そんな人は北海道に何となくの恩返し感覚で募金をしてみても良いんじゃないでしょうか。

東日本大震災があったときは赤十字経由で寄付したけれど、今回はTポイント寄付で微々たる協力をさせて頂きました。

それでもしないよりはしたほうが良いだろうし、そしてそういう人が一人でも多くいたほうが良いと思うので貼っておきます。

YahooからTポイント募金出来るようなので、ポイント余っている方は是非、いかがでしょうか?

 

https://donation.yahoo.co.jp/

ドラマ「この世界の片隅に」

原作を忠実に、そして完璧に映画化した「この世界の片隅に」のドラマ版を初めて見た。

基本的には原作が最高で、それを忠実に再現した映画版があるのだから見なくて良いやと思っていたけど、たまたまやっていたので視聴。

役者さんも雰囲気も想像していたよりずっと良かったけど、原爆によるきのこ雲でゴジラ感覚のような怖い音楽を流すのと、その引きでCM跨ぎは絶対にやってはいけないことだったと思うなあ。

特に原爆でCM跨ぎに関しては、日本の歴史上最大級の悲劇でそれをやればそりゃ見るけれど、「この世界の片隅に」に限ってはちょっとやってほしい手段じゃなかった。

音楽に関してはある種綺麗とも感じてしまう禍々しい悪魔的風景なので、音楽で印象付けることはしてほしくないというのがその理由だ。

 

ちなみにドラマ化に関しては映画が完璧すぎたのでどちらかというと否定的な立場だったけど、漫画アニメが苦手な人というのは必ずいるので(特に高齢者の方)、老若男女すべての日本人に見てほしい作品だからこそ今は肯定派と変わりました。

 

この世界の片隅に

この世界の片隅に

 

 

MOTHER3

誰がなんと言おうとMOTHER3が好きだ。

「ゲームってこんな感じでも良いんだ!」と、ほんの少し世界の多様性を幼心に知ったのがMOTHER2

PSか64のどっちを買ってもらうかも、MOTHER3が発売されるのだから64一択。(あとでPSも買ってもらったけど)

そして、世界に避けようのない理不尽が待ち構えていることがあると知ったのは、MOTHER3の発売中止だった。

 

中止が決まる前、雑誌に掲載されていたMOTHER3の謎ポリゴンにコレジャナイ感はあったので、情報が小出しにされていた間も手放しに進化スゲー!とはならなかったけど、それでもやってみたかった。そんな価値観を吹き飛ばしてくれるのがMOTHERと信じていた。

 

そして数年後のある日、ウトウトしながら内村プロデュースを見ていたら、CMで突然のどせいさんMOTHER1+2発売の情報。そして最後に「MOTHER3もげーむぼーいあどばんすでつくってるです。ぐんまけん。」

あの時の衝撃は今でも覚えている。おそらく情報の初出がCMでかつその時だったんじゃないかなあ。

ここはうろ覚えだけど、テレ朝実況に飛んでいったら衝撃と困惑と、大歓喜の声が多数書いてあった記憶がある。ひょっとしたら一人でそう思っていただけで、実際は作り出された嘘記憶かもしれないけど。

なんにせよ、この時世界には、幸せが歩いてくるどころか瞬間移動してくることもあるのだと知った。

 

そんな紆余曲折し、首を長々と伸ばしに伸ばして発売されたMOTHER3は、MOTHERシリーズが大好きだった人たちをいろいろな形で裏切った作品だった。

 

でも、それで良い。

MOTHERだからそれで良かった。

 

伊集院光もラジオで、誰もが待ちに待った待望のMOTHER3とは思えないくらい衝撃的な、ある意味挑発的なシナリオについて、ネタバレを避けながら笑いも混じえて驚きを言葉にしていた。プロは凄い。

あのシナリオはタブーでもあったけど、それでもあのシナリオだからこそ異様なのめり込み方で最後までプレイ出来た。大人になってゲーム離れし始めていたから、これも凄いことなのだと思う。

 

MOTHERはいろいろな形で、世界の多様性を教えてくれた。だから、MOTHER3がああいう形になったのも僕にとっては何一つ問題はないし、あれで発売されたならあれが最善だった。

衝撃で呆然となったシナリオも、ラストバトルで涙を流していたのも、最後はポカーンとして終わったのも、MOTHER3だから起きたことだし、更に言うならMOTHER2から紆余曲折あり、自分自身も人生経験を積み重ねた状態で、MOTHER3をプレイしたという全ての事実が積み重なってのそれだから、やっぱりMOTHER3は誰がなんと言おうと、大好きなのだ。

 

MOTHER3

MOTHER3

 

 

 

昔話

わたモテを読んでふと昔を思い出す。

自分の高校時代は帰宅部の冴えない高校生であり、「絶望の世界」を読み他の学生とは違うんだぜ…と悦に浸りつつその実ただのアニメ好きな底辺クソ高校生だったので、当然スクールカーストの最下層だった。確かに他の学生とは違うんだぜ…。

 

そんな中修学旅行があり、グループ分けは勿論底辺グループだったけど、何故かスクールカースト上位のイケメンに気に入られて二人部屋の相手がその子になったことがある。

二人で将棋をした記憶はあるけど、何を話したかはすっかり忘れているし、卒業後は完全に関係性は途切れて疎遠になったけど、楽しかったしウキウキしたのはうっすら覚えている。

 

途中で彼は彼女に会いに部屋を抜け出したので、そのために自分と二人部屋になったのかなあとも思うけど、思ったより早めに帰ってきてくれたのでそれだけでもなく、今考えると修学旅行のうっちーのように肩の力を抜く時間が欲しかったのかな。

 

スクールカースト上位もやっぱり大変だったんだろう。

結局のところスクールカーストの位置に関係なく、自分の場所を守るため学校という閉ざされた小さな世界で立ち振る舞うしかない。

そしてそれは卒業後十数年経った今でも変わらない部分がある。

 

打開するためにがむしゃらに、時には明後日の方向に行動を起こし続けるもこっちを見守るのはだからこそやっぱり楽しいし、愛しいし、自分も頑張らなきゃなあと改めて思わされる、わたモテの魅力はそんな所にもあると思うのだ。

 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い 喪139

加藤さん回があると決まってから期待が高まると同時に、最後に持って来たことで期待に比例する不安。

まだ内面の描写不足ながらも明らかな人気キャラクターだからこそ、単体で加藤さんをちゃんと描くのか、別のキャラクターも出してきて加藤さん回を濁したりしないか。そしてもこっちが嫌な思いをする展開になったりはしないのか。

期待と不安を織り交ぜながら配信当日を迎え、読み進めると案の定雌猫グループが。谷川先生も流石に守りに入ってうっちーのギャグ回にするかー、と頭によぎるもまったくそんなことはなく、谷川先生は予想を裏切り期待に応える漫画家先生でした。

 

中学時代の加藤さん、もこっちに気を使われていることに寂しさを覚える加藤さん、謎のカミングアウトをされても引かない加藤さん、ペ○スと言う派の加藤さん。

こんなにいろんな加藤さんを描写して、かつ魅力を倍増させる谷川先生は流石やでぇ…。

 

岡田さんとネモを仲直りさせたことで、加藤さんもこっちのこと勘違いしてるだけ説を吹き飛ばしたのも素晴らしい。

スクールカースト頂点の加藤さんが、エロゲーの画面を見せて仲直りさせたという行為を受け入れるのは今日のを読むまであまりにも出来過ぎで無理があると思っていたけど、ち○ちんのことペ○スって言う派の描写を混ぜると、性に対する意識が独特な人という印象になるのでそれすら許容する聖母マリアと言うのも納得できる。違和感を持たせないための丁寧な描写をギャグで笑える形にして混ぜてくるってマジで谷川先生凄すぎない?

 

そして絶対に加藤さんに対しては良い格好をしたいもこっちが、誠実に接したいからこそカミングアウトをしたというのも尊い。そういうことを考えられるようになったもこっちの成長が、最初から読んでいる人間にとっては感動なんですよ。それすらも面白の形で、ギャグの形で描ききってしまう。

 

こんなに完璧な漫画はもっと人気が出るべきだから、世界の片隅で褒めちぎる文章を記し続けるのです。

でも問題はわたモテが良すぎて、気持ち悪い感じになってしまう。申し訳ねえ…。

アニメ2期、クラウドファンディングで良いから企画してくれないかなあ。

 

 

魔女と百騎兵Revival

魔女と百騎兵Revival、11章トゥルーエンドまでクリア。

このゲームを始めた時にまず引っかかったのが、伏せ字の表現だった。汚い言葉は伏せ字になり自主規制の音が入る。

これの何が嫌だって、表現の逃げだからだ。想像に委ねると言えば聞こえは良いけど、それは適切な言葉を選ぶことから逃げている。更に言うなら、この演出があることで『本当に不快にさせる可能性のある表現は避けるゲーム』とも言える。

 

これがある種、メタ的な伏線として作用させられたのがトゥルーエンド(バッドエンド)だった。

 

優しそうな魔女をネズミにして雄のネズミに襲われるという演出はあったけど、それはあくまで未遂に終わるであろうという演出でしかなかった。

それがトゥルーエンドでは、醜悪な怪物がビスコ相手に王族の血を残そうとし、大きさが違いすぎて壊れてしまったという説明が入る。

 

めっちゃ不快で直接的な表現してくるやんけ!胸糞悪い!!!

 

これが狙ってなのかはわからないけど、ここまでガツンと嫌な気持ちにさせられたのは久しぶり。いや本当に不快でしたよ。平和なエピローグがありそうな雰囲気から、前述の思い込みがある中ここまで表現仕切るなんて。

こんなのバッドエンド(トゥルーエンド?)までやるしかないじゃないですか。許されねえわ。もはや睡眠時間を削って行くしか。

 

魔女と百騎兵 Revival 通常版 - PS4